2010年01月26日

遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任(読売新聞)

 福岡県小郡市で昨年5月、父親の頭部を鈍器で殴るなどして死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職尾篭(おごもり)和幸被告(30)の裁判員裁判の第2回公判が20日、福岡地裁であった。

 地裁は証拠の遺体写真を直視できなかった女性裁判員を解任し、補充裁判員の女性を後任にあてた。解任理由について、地裁は「プライバシーも保護する必要がある」と明らかにしなかったが、写真を見て体調を崩した可能性もある。

 尋問では、頭皮を切り取って頭蓋(ずがい)骨が陥没した様子を写した写真などが、モニターに表示された。女性裁判員は写真が示された際、画面から何度も目をそらしたほか、涙をぬぐうようなしぐさもした。

再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
<自民党>資金提供問題で鳩山邦夫氏聴取を検討へ(毎日新聞)
空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
32歳女性押され転倒、4000円入りバッグ奪われる 大阪(産経新聞)
神戸市の女性講師と判明 綾部市で発見の遺体(産経新聞)
posted by フジヒラ ヒサコ at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。