2010年05月18日

陸山会事件 小沢氏、3度目聴取 「起訴相当」で再捜査(毎日新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は15日、東京都内のホテルで小沢氏から任意で事情聴取した。検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことによる再捜査の一環で、小沢氏は改めて関与を否定したとみられる。

 特捜部は元秘書の衆院議員、石川知裕被告(36)と元秘書、池田光智被告(32)、元公設第1秘書、大久保隆規被告(48)からも事情を聴き、改めて小沢氏の処分を決める。

 特捜部が再び小沢氏を不起訴とした場合、起訴相当議決をした東京第5検察審査会が2回目の審査を行う。審査会が再び「起訴すべきだ」と判断して起訴議決をすると、小沢氏は裁判所が指定する弁護士により強制的に起訴される。

 小沢氏の聴取は今年1月23日と31日に続き3回目。特捜部は虚偽の内容が含まれる政治資金収支報告書の提出時に、小沢氏と石川氏らとの間でどのようなやり取りがあったかを改めて確認したとみられる。

 検察審査会は、収支報告書の提出時に「小沢氏に報告した」とする石川氏らの供述などを基に、小沢氏と石川氏らの共謀認定が可能と判断した。関与を否定した小沢氏の供述を「極めて不合理・不自然で信用できない」と指摘していた。

【関連ニュース】
小沢幹事長:事情聴取、17日軸に調整か 東京地検
政倫審:小沢幹事長出席で閣僚ら公開求める 党には慎重論
小沢幹事長:政倫審出席へ…会見で表明
野党:終盤国会での「政治とカネ」追及で一致 5党幹事長
小沢幹事長:政倫審出席へ 参院選など懸念か

京都の夫婦刺殺事件、娘婿を殺人容疑で逮捕(読売新聞)
【風】気になる男性の本心(産経新聞)
マグロ競り見学再開=築地市場で外国人観光客ら−東京(時事通信)
自民・青木前参院議員会長、参院選に出馬せず 脳梗塞、引退か (産経新聞)
逮捕から15年 オウム儀式やめぬ教団 はびこる「麻原彰晃」(産経新聞)
posted by フジヒラ ヒサコ at 19:24| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

30日に子宮頸がん市民公開講座(医療介護CBニュース)

 子宮頸がん征圧をめざす専門家会議は5月30日、横浜市のはまぎんホールヴィアマーレで、第51回日本臨床細胞学会総会・春期大会の一環として市民公開講座「検診とワクチンで予防できるがん―子宮頸がんについてよく知ろう」を開催する。

 まず、自治医科大産科婦人科講座主任教授の鈴木光明氏が「子宮頸がんとがん検診」のテーマで登壇。続いて、NPO法人子宮頸がんを考える市民の会副理事長の高山須実子氏が「細胞診の実力―がんだけでなく、前がん病変も見つける優れた方法」と題して講演する。また、島根県立中央病院母性小児診療部長の岩成治氏が「新しい子宮頸がん検診がはじまった―HPV検査」、自治医科大附属さいたま医療センター産科婦人科教授の今野良氏が「HPVワクチン―ワクチンでがんを予防できる?」と題して講演する。このほか、「海外の健康教育―子宮頸がん検診とワクチン」のテーマで、日本赤十字北海道看護大准教授のシャロン・ハンリー氏が登壇。スペシャルゲストとして女優の仁科亜季子氏が、「子宮頸がん―検診とワクチンを受けて予防しましょう」と題して講演する。
 座長は、第50回日本臨床細胞学会総会・春期大会会長で細胞診専門医の平井康夫氏が務める。


【関連記事】
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。
子宮頸がんの「征圧」を目指して
訪問看護の現状と課題を考える市民公開講座を開催
世界禁煙デーに合わせ、5月末にシンポジウム―厚労省

<小1重傷>捜査車両がはね 兵庫・伊丹(毎日新聞)
首相が沖縄入り、知事と会談へ=普天間移設案を説明(時事通信)
車内に乳児遺体=万引きで逮捕の夫婦の子か−茨城(時事通信)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
署課長代理を懲戒免職=特定女性に痴漢−警視庁(時事通信)
posted by フジヒラ ヒサコ at 14:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

海堂尊氏ブログで名誉棄損 出版社にも賠償命令(産経新聞)

 小説「チーム・バチスタの栄光」などで知られる作家で医師の海堂(かいどう)尊(たける)氏のブログで名誉を傷付けられたとして、東大大学院の深山正久(まさし)教授が、ブログが掲載されたサイトを運営する宝島社に550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、東京地裁であった。端二三彦裁判長は55万円の支払いを命じた。問題をめぐっては、海堂氏も訴えられ、110万円の支払いを命じる判決が出ている。

 深山教授は解剖前の遺体を撮影して死因特定につなげる「死亡時画像診断」(Ai)の有効性を研究、海堂氏は研究データの盗用などを指摘していた。端裁判長は、「記述が真実と認めるに足る事実はない」として名誉棄損を認めた。

【関連記事】
「バチスタ」の海堂尊氏を名誉棄損で提訴 「Ai診断」で東大教授
「2ちゃん」の被害者へ関連本印税から賠償金
「チーム・バチスタ」の海堂氏に110万円賠償命令
無罪判決後のブログ掲載は名誉侵害 大阪地裁判決
ネット中傷 責任とモラルを忘れるな

遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)
「政治主導成功せず」21世紀臨調が提言(産経新聞)
白昼に発砲、暴力団抗争か…福岡・大牟田市(読売新聞)
<原口総務相>児童ポルノサイトへのアクセス遮断「可能」(毎日新聞)
<訃報>佐田登志夫さん84歳=東京大名誉教授(毎日新聞)
posted by フジヒラ ヒサコ at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。